Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/itemae/itemae.xsrv.jp/public_html/baseball/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/itemae/itemae.xsrv.jp/public_html/baseball/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
篠塚和典の打撃バイブル【低めの打ち方】

篠塚和典の打撃バイブル【低めの打ち方】




天才バッター巨人篠塚選手の打撃バイブル「低めの打ち方」

巨人の天才バッターといえば篠塚和典選手。

我々の時代のスター選手で篠塚選手の流し打ちにみんな魅了され、マネをしたものですね。

そんな篠塚氏の打撃バイブルが大人気。

その打撃理論を解説。

【篠塚和典氏の紹介】

・元巨人のプロ野球選手。

・1957年生まれ

・右投げ左打ち

・銚子商高の4番打者として甲子園で優勝し、読売ジャイアンツにドラフト1位で入団

・広角に打ち分ける打撃と芸術的な守備を武器に巨人で大活躍

・19年間の現役生活で首位打者2回、ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞4回、ベストナイン5回。生涯打率はなんと.304と3割越え。

そんな天才篠塚選手がどんな打撃バイブルを紹介してくれているのか?

「スイングの仕方」

「体の使い方」

にフォーカスしています。

篠塚氏のバッティングフォームからもわかるように流れるような美しいバッティングフォームであり、「下半身から上半身をバランスよく使うバッティングフォーム」がポイントと話しています。
ポイント:下半身は上体を支えるためにしっかりと構える必要がある

それでは早速詳細を見ていきます。

【低めの打ち方】

低めを上から叩くのは難しい。。。

低めの打ち方は上から叩くというバッテイングではなく、
自然とアッパースイング気味にボールをとらえるという感覚。

ポイント:ボールの通り道にバットを下から出していくというイメージ。

膝の柔軟性が重要。

泳いで打つことも必要。練習が必要。

ポイント:ステップしたら後ろの腰がそのまま回転する癖がついてしまうと、泳いで打つことができない

泳ぐことの重要性、そして練習するというのは驚きですね。

しっかり踏み込んで打つということが重要と思っていました。

泳ぎながら膝の柔軟性で打つという練習もやってみたいですね。

泳いで打つというバッティングをするためにも普段の練習から前足や太ももや膝の柔軟性を鍛えておくことが大事。

膝の粘り

上から叩くというフォームではなくアッパー気味にボールをとらえる
また変化球や厳しいコースで体が泳いでも膝の粘りで打てるように鍛える

粘り、膝の柔軟性というのが印象に残っています。

実践でのボールは常に真ん中には来ません。

いかに真ん中以外のボールをしのげるか?ヒットにできるか?が重要です。

こういった低めの練習も反復練習することでしぶといバッターになれるのかもしれませんね。

少年野球ランキング!
広告




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク