Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/itemae/itemae.xsrv.jp/public_html/baseball/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/itemae/itemae.xsrv.jp/public_html/baseball/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
【亀山流指導法】ゴロの捕り方(外野手編)

【亀山流指導法】ゴロの捕り方(外野手編)




亀山流【捕る編】「外野手のゴロの捕り方」

元阪神タイガースで活躍した亀山つとむ氏。

彼は引退後、枚方シニアをわずか2年間で世界一に導いた。

これは日本代表として23年ぶりの快挙であった。

その亀山氏の指導が詰まった「亀山流超効率的野球努力野球」のDVD。

これは本当にわかりやすく、指導者必見のDVD。

野球はできても教えるのって難しいですよね。。。

そんな悩ましい指導者は、是非DVDを見るべきだと思います。

そんな亀山氏の指導をまとめました!

【外野:ゴロの捕り方】

内野手と違い、外野手は

絶対にボールを後ろにそらしてはいけないこと。

ボールを絶対に後ろにそらさないようにヒザをついて体の前でボールを捕ります。

外野手のゴロはイレギュラーが多く、安定しないボールが多い。

そのため絶対にそらさないようにヒザをついて体の前さばきます。

【ゴロを捕る外野手の応用編】

応用とは、

ランナーの進塁を許さない!場面や

バックホームでランナーを刺さなければいけない場面です。

外野手は、グローブを縦に使うことが重要。そのために外野手のグローブは縦長になっています。

応用の場面次第ですが、急いで送球してランナーを刺さなければいけない状況ですので、

走るスピードを落とさない体制でボールを捕りにいくことが必要です。

ボールを前でさばくのではなく、手元に引いてあげるイメージでキャッチします。

グローブでボールをアタックしてしまうと、ボールをはじいてファンブルする可能性が発生します。

少年野球ランキング!
広告




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク