キャンパーにとって花粉症は大敵・・・対策は?

キャンパーは、花粉症の対策をしてキャンプを楽しもう!

春はキャンプシーズンですが、「花粉症だからキャンプに行きたくない!」という人もいますね。

そんなことでは楽しいキャンプが台無しです。

日本人の25%が花粉症だと言われています。

日本では約60種類の植物が花粉症を引き起こすそうです。

春が多いですが、植物によっては1年中花粉症に苦しむ人もいます。

私の奥さんも花粉症ですので、対策は必須です!

「キャンプと花粉症」というテーマで記事を書いていきます。

【花粉症対策】

①オープンタープより2ルームトンネル型を選ぼう。

やはりオープンなヘキサタープやレクタタープは開放的ですが、花粉症の人には厳しいですよね。

できればクローズできる2ルームテントか私も愛用しているランドステーションなどが最適ではないでしょうか。

トンネル2ルーム(コールマン)VSカマボコテントVSトルテュライト
2ルームテント徹底比較! コールマンVSドッペルギャンガーVSスノーピーク 「コールマントンネル2ルームハウス/LDX(バーガンディ)」...
永遠に飽きないタープ「ランドステーション」
スノーピーク「ランドステーション」の魅力を徹底的に調査 私のメインタープは、「ランドステーション」。 なぜ私がランドステーションを大好き...

ランステおすすめですよ~。

②ロッジに泊まろう

ロッジなら家と同じという感覚です。

テントに比べると花粉をカットしてくれることは間違いないですね。

先日ほったらかしキャンプ場ロッジ泊まりましたが、花粉についてはノーストレスでした。

驚くほど絶景だった「ほったらかしキャンプ場」!
噂のほったらかしキャンプ場のキャビンに泊まってきました! 2016年6月にオープンした話題のほったらかしキャンプ場。 行ってみたかっ...

③花粉症対策商品を駆使しよう

【モンベルの花粉対策眼鏡】

シールドグラス。デザインもかっこいいですね。さすがモンベルです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンベル(mont-bell) シールドグラス
価格:3780円(税込、送料別) (2017/5/2時点)

【モンベルの花粉症対策マスク】

モンベルのシールドマスク。

色んなデザインもあり、こちらもおしゃれですね。

そしてこちらには交換用もあります。

↓交換用もあります。

【鼻洗浄商品】

鼻洗浄では評価の高い商品ですね。

【資生堂の透明マスク】

こちらは一番の売れ筋商品。
「キャンプにしてまでマスクをしたくない!」という人にはおすすめですね。

【花粉症対策の薬】

最後は、やはり薬に頼るしかないですね。

キャンプだけでなく通常の生活でも使えますが、我が家でも愛用しているアレグラ。

花粉症の人はかなりの勢いで服用しているのではないでしょうか。

売れ行き№1ですね。

やはり「アレグラ」を使用した感想を素直に書きます。

素晴らしい薬だと思いますし、副作用もほとんど感じたことはありません。

ただ1点、不満なことがあります。。。

ポチっと評価をお願いします!励みに頑張ります!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

↓記事を気にいっていただければ、Facebook「Liked!(いいね!)」を押していただくと、大変励みになります。

↓記事を気にいっていただければ、励みになりますので「いいね!」ボタンをクリックお願いします!
スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告
「レクタングル(大)」広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告