「ロゴス neosドーム300FR 」を試し張り!

LOGOSneosドーム300FR(71801718)を調査!

ロゴスのneosFRを試し張り!
徹底調査です。

【詳細】

★総重量:10.4kg
★組立サイズ:(約)幅300×奥行469×高さ195cm
★インナーサイズ:(約)幅300×奥行300×高さ190cm
★収納サイズ:(約)長さ69×奥行23×高さ23cm
★フレーム素材:グラスファイバー
★フライシート素材:難燃性ポリエステルタフタ/耐水圧1500mm/UV-CUT加工
★インナー素材:ポリエステルタフタ/ブリーザブル撥水加工
★フロアシート素材:難燃性ポリエステルタフタ/耐水圧3000mm
★メッシュ素材:ポリエステル

↓持った感じはずっしり重い、10.4kg!

SONY DSC

やっぱり重いですね。

スノーピークのアメドMが約8kgですので、やはり重く感じます。

↓こちらは中身の詳細。

SONY DSC

↓まずインナーテントを建てます。一般的な組立ですね~。

SONY DSC

SONY DSC

↓フライシートをかぶせます。

SONY DSC

↓中から。

SONY DSC

SONY DSC

↓高さもありますね。高さ195cm。(インナーは190cm)

アメドが150cmなんで高さはずいぶん高く感じます。

十分立って着替えられます!

SONY DSC

↓ベンチレーション。夏の風通しを良くしますね。

SONY DSC

↓フライシートを張りだしたフロント部分も高いですね。

SONY DSC

↓ロゴスのロゴはこんな感じ!

SONY DSC

インナーサイズも300cm×300cmということで、スノピのアメドMに比べても大きい。

4人家族には最適なテントと感じました。

組み立てるのは、正直アメドの方が簡単でした!

スノーピーク「アメニティドーム」設営方法!(所要時間15分)
アメニティドームをスムーズに設営しよう! 我が家のテントはスノーピークのアメニティドームMです。 現状ではこのテントが最強と思っています...
アメニティドーム撤収方法!(所要時間15分)
スノーピーク「アメニティドーム」の撤収方法をご紹介。 私の大好きなスノーピークのアメニティドーム。 今回は撤収方法についてご紹介します。...

ポチっと評価をお願いします!励みに頑張ります!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

↓記事を気にいっていただければ、Facebook「Liked!(いいね!)」を押していただくと、大変励みになります。

↓記事を気にいっていただければ、励みになりますので「いいね!」ボタンをクリックお願いします!
スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告
「レクタングル(大)」広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告