コールマン「タフスクリーン2ルームハウス」を徹底調査

コールマン タフスクリーン2ルームハウスはキャンプ初心者におすすめ!

先日スポーツオーソリティでコールマンの「タフスクリーン2ルーム」の設営と撤収講習がやっていました。

もちろん展示も。


一言で言うととてもいいテントと感じました。

これは売れる予感・・・。

2ルームテントブームですね。

私も2ルームを持っていないので、欲しくなりました。

ライバル他社の2ルームと並べてみないとわからないな?ということで徹底比較してみました!

比べたのは2ルームテントの雄「スノーピークのトルテュライト」と新規で大人気の「ドッペルギャンガーのカマボコテント」。

こちらの2つと徹底比較して、本当に「買い」かを調べてみました。

テント名 タフスクリーン2ルームハウス カマボコテント トルテュライト
メーカー コールマン ドッペルギャンガー スノーピーク
画像 コールマン2ルーム  カマボコテント  トルテュライト
展開時外寸 3400×5400×2150(h)mm W3000×D6400×H1950mm W3600×D5800×H2050mm
インナーサイズ 約3200×2300mm 約W3000×D2200㎜ 約W3000×D2200㎜
収納時 約ø300×740mm W670×D290×H290mm W730×D300×H300mm
重量 約16kg 13.7kg 18.5kg
テント生地 耐水圧2000ミリメートル 耐水圧2000ミリメートル 耐水圧1800ミリメートル
カラー ベージュ×緑 ベージュ×オレンジ 濃いベージュ×濃い茶×赤
価格 定価59,184円 定価66,000円 定価128,000円
実勢価格 35,000円 定価

【デザイン】

まずデザインの比較。

こちらは好き嫌いになりますが、すべてベージュを貴重としたデザイン。

ベージュを基軸として、スノーピークとドッペルギャンガーはワンポイントで「赤」を使用しているのに対してコールマンは「緑」をワンポイントに使用。

ベージュの色は、比較するとスノーピークがゴールドに近い濃いベージュ。

個人的にはスノーピークの濃いベージュが丈夫に見えて好き。

そして少しでも色が濃いので、遮光性も高そうなイメージが。

デザインを見ると、コールマンが明らかにスノーピークに近づいているなあと感じます。

私のイメージはコールマンと言えば深緑・・・。

やはりコールマンもトレンドに合わせてきている感がありますね。

【高さ】

3つとも2m前後と大差がありません。

↓170センチの私が手を伸ばしてようやく届く感じ。


どれも2ルームの開放感があり、高さは十分と感じます。
続いては注目のインナーのサイズ・・・。

↓ランキングに参加しています!励みになりますのでよろしければクリックお願いします!

にほんブログ村
↓記事を気にいっていただければ、Facebook「Liked!(いいね!)」を押していただくと、大変励みになります。

↓記事を気にいっていただければ、励みになりますので「いいね!」ボタンをクリックお願いします!
スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告
「レクタングル(大)」広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告